バックナンバー

判例時報 No.2378
平成30年10月11日 号 定価: 830 円(税込)

解釈基準の裁判規範性……常岡孝好
 
■書評
近江幸治 著
『民法講義』シリーズ〔全八巻〕
評者 小賀野晶一
 
宗宮英俊=寶金敏明=岩田好二 著
『改正民法保証法―保証意思宣明公正証書を中心として』
評者 筧 康生
 
■判決録
<民事> 5件
<商事> 1件
 
◆最高裁判例要旨(平成三〇年五・六月分)


◆記 事◆

◎特別寄稿

解釈基準の裁判規範性……常岡孝好

◆書 評◆

近江幸治 著『民法講義』シリーズ〔全八巻〕(成文堂)
評者……小賀野晶一

宗宮英俊=寶金敏明=岩田好二 著
『改正民法保証法―保証意思宣明公正証書を中心として』(株式会社日本法令、二〇一八年)
評者……筧 康生

◆判決録細目◆

民 事

◎抵当権の被担保債権が免責許可の決定の効力を受ける場合における当該抵当権自体の消滅時効

(最二判平30・2・23)

◎改良住宅の入居者が死亡した場合の使用権の承継について定める京都市市営住宅条例(平成九年京都市条例第一号)二四条一項と住宅地区改良法二九条一項、公営住宅法四八条

(最一判平29・12・21)

○不動産の売主の署名のある媒介契約書の成立の真正の推定が覆された事例

(大阪高判平30・3・8)

▽株主構成を変化させることで退職慰労金支給決議を再度成立させることを目的としているとして、訴えの提起と独立当事者参加の申立てが訴権濫用としていずれも却下された事例

(東京地判平29・10・5)

▽他人が開設したツイッターのアカウントにより名誉権が侵害されているとして、ツイッター社に対し、ツイッターのアカウント全体の削除を求めた仮処分が認容された事例

(さいたま地決平29・10・3)

商 事

▽取締役会の決議について、代表取締役に対する取締役会の招集通知を欠いているために、当該取締役会の招集手続に法令違反の瑕疵があるものの、取締役会決議の結果に影響がないと認めるべき特段の事情があるとして、有効とされた事例

(東京地判平29・4・13)

◆最高裁判例要旨(平成三〇年五・六月分)

Copyrightc 株式会社判例時報社 All Rights Reserved.

PAGE TOP