バックナンバー

2301

判例時報 No.2301
平成28年9月21日 号 定価: 830 円(税込)

刑事医療事故訴訟〔4〕
 ──鑑定・事故調査制度の実態・問題・展望──
  杏林大学割り箸事件 解説
   ─結果回避可能性、不作為と死亡との因果関係─……奥田 保
  被告人側の医師証人を経験して感じた刑事裁判の問題点……堤 晴彦
  判決全文
 
現代型取引をめぐる裁判例(404)……升田 純
 
二〇一五年安保関連法強行採決事件・私の意見(10)
 ──集団的自衛権を考える──……森下 忠
 
■判決録
<行政> 2件
<民事> 4件
<刑事> 1件


◆特 集◆

刑事医療事故訴訟〔4〕――鑑定・事故調査制度の実態・問題・展望――
 杏林大学割り箸事件 解説 ─結果回避可能性、不作為と死亡との因果関係─……奥田 保

 被告人側の医師証人を経験して感じた刑事裁判の問題点……堤 晴彦

 判決全文(東京地判平18・3・28)

◆記 事◆

現代型取引をめぐる裁判例(404)……升田 純

二〇一五年安保関連法強行採決事件・私の意見(10)──集団的自衛権を考える──……森下 忠

◆判決録細目◆

行 政

◎宅地建物取引業法三〇条一項前段所定の事由が発生した場合において、同条二項本文所定の公告がされなかったときにおける営業保証金の取戻請求権の消滅時効の起算点

(最一判平28・3・31)

▽特定秘密の保護に関する法律案の立案過程における内閣情報調査室と関係省庁との協議に係る行政文書のうち、我が国の外交機密の具体的な項目等の情報などが、行政機関の保有する情報の公開に関する法律五条三号所定の不開示情報に当たるとされた事例

(名古屋地判平27・10・15)

民 事

◎一 民法九一〇条に基づき価額の支払を請求する場合における遺産の価額算定の基準時
二 民法九一〇条に基づく価額の支払債務が履行遅滞となる時期

(最二判平28・2・26)

▽フランチャイズ契約終了後に、フランチャイザーがフランチャイジーに対し契約条項に基づいて営業の禁止を求めることが、信義則違反にあたるとされた事例

(東京地判平27・10・14)

▽飼犬の鳴き声により近隣住民に財産的、精神的損害を与えたとして、飼主に対する損害賠償請求が認容された事例

(大阪地判平27・12・11)

▽一 アスベストを含む建材の製造会社が工場を操業するに際し、従業員が石綿肺になることが予見可能であったとして、会社に安全配慮義務違反があったとされた事例
二 じん肺の特質から、その疾病の管理区分決定に相当する病状に基づく損害は、その決定を受けた時点で初めて発生する別個の損害と評価すべきであるから、管理区分ごとに異なる和解金額を定める方法による和解契約は、将来の進行した病状に応じたより重い管理区分の損害の賠償請求権を制限するものではないとした事例

(岐阜地判平27・9・14)

刑 事

○傷害致死被告事件について、正当防衛の成立を否定して有罪とした第一審判決には事実誤認があるとして、控訴審において無罪が言い渡された事例

(東京高判平27・7・15)

Copyrightc 株式会社判例時報社 All Rights Reserved.

PAGE TOP