バックナンバー

判例時報 No.0004
             昭和28年7月15日 号 定価:本体価格 円+税

 


◆判例特報◆

巡査の職務濫用と公共団体の賠償責任(東京地判昭28・6・20)

◆判決録細目◆

行 政

◎行政処分無効確認の訴を本案訴訟とする仮処分の許否(最二判昭28・6・26)

▽東宝劇場と駐留軍の緊急使用(東京地判昭28・6・24)

民 事

◎戸籍法第八九条により戦死報告に基く戸籍簿の記載の証拠力(最一判昭28・ 4・ 23)

◎大赦令(昭和二七年政令一一七号)と連続犯の一部大赦(最大判昭28・6・24)

◎一、特別抗告について刑訴法四一一条準用の有無

二、執行猶予を取り消すべきでない場合に取り消した決定と特別抗告理由の有無(小林裁判官の少数意見)
三、刑法二六条一項二、三号の違憲性(真野裁判官の少数意見)(最大決昭28・6・10)

〇一、親殺しに対し執行猶予の判決

二、殺人の実行正犯者と被害者との間には身分関係なく被害者が右犯罪の幇助者の尊属にあたる場合の法令適用(東京高判昭28・6・20)

Copyrightc 株式会社判例時報社 All Rights Reserved.

PAGE TOP