バックナンバー

2346

判例時報 No.2346
平成29年11月21日 号 定価: 830 円(税込)

証拠の一覧表の現状を改善するための三つの提言
 ──「標目」の解釈論とデータベース的運用の可能性を踏まえて
 ……山本了宣
 
法曹実務のための行政法入門(8)
 ─―行政の行為形式論④―─行政契約……高橋 滋
 
現代型取引をめぐる裁判例(424)……升田 純
 
■判決録
<行政> 1件
<民事> 4件
<知的財産権> 1件


◆記 事◆

証拠の一覧表の現状を改善するための三つの提言
 ── 「標目」の解釈論とデータベース的運用の 可能性を踏まえて……山本了宣
法曹実務のための行政法入門(8)
 ―─行政の行為形式論④─―行政契約……高橋 滋
現代型取引をめぐる裁判例(424)……升田 純

行 政

▽語学学校の外国人講師について、その労働時間、労働日数、就労形態、職務内容等を総合的に勘案すれば、短時間の労働者ではなく厚生年金保険の被保険者の資格を有していたとみるべきであるとして、同人による被保険者の資格の取得の確認請求を却下する旨の処分を取り消した事例

(東京地判平28・6・17)

民 事

○周産期の妊婦が出血性疾患である常位胎盤早期剥離を発症し、その後に重篤な産科DICを発症して死亡した事案について、担当医師らの過失及び死亡結果との因果関係を認めた事例

(東京高判平28・5・26〈原審:静岡地判平27・4・17〉)

○ゴルフ会員権の売買契約において、売主・買主双方がゴルフ会員権の実質的価値について共通の錯誤に陥っていたとし、右売買契約は無効であるとした事例

(大阪高判平29・4・27〈原審:大阪地判平28・11・29〉)

○一 遺留分減殺請求において、被代襲者が生前に受けた特別受益が、被代襲者の死亡後に代襲相続人となった者らの特別受益に当たるとされた事例
二 推定相続人でない者が被相続人から贈与を受けた後に、被代襲者の死亡によって代襲相続人としての地位を取得した場合には、特段の事情がない限り代襲相続人の特別受益には当たらないものの、右贈与が実質的には被代襲者への遺産の前渡しとも評価しうる特段の事情があるとして、特別受益に当たるとされた事例

(福岡高判平29・5・18〈原審:福岡地小倉支判平28・3・2〉)

▽介護施設利用者が転倒して頭部を負傷した事故について、事業者側の安全配慮義務違反を認め、事業者の損害賠償責任が肯定された事例

(大阪地判平29・2・2)

知的財産権

〇一 レコード製作者としての著作隣接権及び実演家としての著作隣接権を有する被控訴人から委託を受けたとする者からの再委託契約に基づき、原盤から複製されたCDのレンタル事業者への販売及び楽曲の配信を行った控訴人が、被控訴人の許諾の有無を確認すべき条理上の注意義務を負うとされた事例
二 楽曲の無断配信による損害について、著作権法一一四条の五により、口頭弁論の全趣旨及び証拠調べの結果に基づき認定した事例

(知財高判平28・11・2〈原審:東京地判平28・2・16〉)

◆最高裁判例要旨(平成二九年七・八月分)

Copyrightc 株式会社判例時報社 All Rights Reserved.

PAGE TOP