バックナンバー

2342

判例時報 No.2342 ※
平成29年10月21日 号 定価: 830 円(税込)

最高裁民事破棄判決等の実情(上)
 ──平成二八年度──……野村武範・衣斐瑞穂
 
法曹実務のための行政法入門(7)
 ―─行政の行為形式論③─―行政指導……高橋 滋
 
現代型取引をめぐる裁判例(423)……升田 純
 
民事控訴審の審理の充実
 ──実態調査を踏まえた提言(上)
 ……大阪弁護士会 高裁民事問題プロジェクトチーム
 
国際刑法の窓(12)
 ──国越刑法の誕生──……森下 忠
 
■判決録
<行政> 3件
<民事> 5件
<労働> 2件
<刑事> 1件


◆記 事◆

最高裁民事破棄判決等の実情(上)
 ──平成二八年度──……野村武範・衣斐瑞穂
法曹実務のための行政法入門(7)
 ―─行政の行為形式論③─―行政指導……高橋 滋
現代型取引をめぐる裁判例(423)……升田 純
民事控訴審の審理の充実
 ──実態調査を踏まえた提言(上)……大阪弁護士会 高裁民事問題プロジェクトチーム
国際刑法の窓(12)
 ──国越刑法の誕生──……森下 忠

◆判決録細目◆

行 政

○日本国内の自国の総領事館において自国の方式により婚姻した外国人からの婚姻届出を受理しなかった日本の区長の処分が違法、不当とはいえないと判断された事例

(大阪高決平28・9・16)

▽駐車場が地方税法三四九条の三の二第一項に定める併用住宅の敷地の用に供されている土地に該当する場合

(東京地判平28・11・30)

▽出生届に用いた子の名の漢字が、戸籍法施行規則六〇条に定める文字の範囲に含まれていないことを理由に不受理とした市町村長の処分に対する不服申立事件について、当該漢字は、社会通念に照らして、戸籍法五〇条一項、二項にいう常用平易な文字であるとまでは認められないとして却下した事例

(さいたま家川越支審平28・4・1)

民 事

○被相続人が入所していた障害者支援施設を運営する社会福祉法人が特別縁故者として認められた事例

(名古屋高金沢支決平28・11・28)

▽マンションと接合する立体駐車場が一棟の建物に当たらないとされた事例

(東京地判平28・9・29)

▽借地権設定契約に付随する底地譲渡に関する賃貸人と賃借人との間の合意が第三者のためにする契約に当たるとした事例

(東京地判平28・6・9)

▽ドッグラン施設で小型犬を遊ばせていた女性が、同施設内で大型犬二頭が互いに追いかけ合うようにして走って来て、女性の右膝付近に衝突したため、転倒し頚椎捻挫等の負傷をしたことについて、各大型犬の飼い主に大型犬の動向を監視し、行動抑制させるなどして危険を回避すべき管理責任があるとされた事例

(神戸地判平28・12・26)

▽一 仮処分命令が不当であるとして保全異議審で取り消された場合において、当該仮処分の申立人らに過失があるとはいえず、右申立人らに不法行為は成立しないとされた事例
二 産業廃棄物処理施設の設置許可に関する同意書の作成後、それを撤回して仮処分の申立てを行ったことが債務不履行にならないとされた事例

(福島地判平28・5・24)

労 働

○被害者の精神障害の発病及びその影響下における自殺につき、業務起因性を認めた事例

(東京高判平28・9・1)

○定年を満六〇歳と定める会社が、定年を迎える労働者に対し、六〇歳から六一歳までの職務としてそれまで従事してきた事務職の業務ではなく清掃業務等を提示したことについて、平成二八年三月三一日までの間につき六一歳までの継続雇用をしなければならないとする平成二四年法律第七八号による高年齢者等の雇用の安定等に関する法律の改正附則の趣旨に反し、継続雇用の機会を与えたとは認められず違法であるとした事例

(名古屋高判平28・9・28)

刑 事

▽犯行時一五歳の被告人が実母及び祖母を殺害したという殺人被告事件について、被告人に対する保護処分には有効性があり、諸般の事情を考慮すると保護処分を選択することも許容されるとして、事件を家庭裁判所に移送した事例

(横浜地決平28・6・23)

※訂正箇所

●本誌39頁・3段・情報欄
 誤 …平28・4・21
 正 …平28・4・1

Copyrightc 株式会社判例時報社 All Rights Reserved.

PAGE TOP