バックナンバー

2335

判例時報 No.2335
平成29年8月21日 号 定価: 830 円(税込)

法曹実務のための行政法入門(5)
 ─行政の行為形式論①─行政行為(その一)……高橋 滋
 
現代型取引をめぐる裁判例(421)……升田 純
 
国際刑法の窓(10)
 ──共謀罪でテロを防止できるか──……森下 忠
 
■判決録
<行政> 1件
<民事> 3件
<商事> 1件
<労働> 1件
<刑事> 2件


◆記 事◆

法曹実務のための行政法入門(5)
 ─行政の行為形式論①─行政行為(その一)……高橋 滋
現代型取引をめぐる裁判例(421)……升田 純
国際刑法の窓(10)
 ──共謀罪でテロを防止できるか──……森下 忠

◆判決録細目◆

行 政

▽一 独立行政法人医薬品医療機器総合機構法一六条一項所定の許可医薬品の服用と健康被害との間の因果関係についての主張立証責任は、救済給付請求者が負う
二 インフルエンザに罹患しその治療薬のタミフルを服用した幼児及び高齢者に生じた重度の脳障害や突然死は、タミフルの副作用が原因であるとはいえないとして、右機構法に基づく救済給付等の不支給決定の取消しが認められなかった事例

(東京地判平28・10・14)

民 事

○一 社会福祉法人の役員会で理事に選任された者が、右法人から一貫して理事の地位を否定されたことは不法行為を構成するとした事例
二 社会福祉法人の理事選任の紛争で訴訟係属中に理事任期が満了した場合であっても、役員が退任した場合に後任者が選任されるまでは従前の役員がその権利義務を有するとの任期伸長規定を類推適用される余地はないとした事例

(東京高判平29・1・31)

○大学の教員が、その担当する学生に単位を与えない方針を決めていたにもかかわらず、所属学部の教員らで構成する会議において学部長から、右学生を卒業させる方向で検討するよう指示をされ、右学生の指導担当教員を変更する措置を講じられたことにより、成績評価権や名誉を侵害されたとして提起した損害賠償請求等が棄却された事例

(大阪高判平28・3・22)

▽一 遺産分割後、被認知者が民法九一〇条に基づいて行う価額請求は訴訟事項であるとされた事例
二 被認知者が被相続人の子で、被認知者以外に被相続人の子がいる場合には、被相続人の配偶者に対しては、民法九一〇条に基づいて価額請求をすることはできないとされた事例
三 被認知者が民法九一〇条に基づいて価額請求をすることができない場合には、不当利得返還請求をすることもできないとされた事例

(東京地判平28・10・28)

商 事

▽上場企業の巨額の損失隠しに当たり、海外の簿外ファンドへの資産の移転等に関与した経営コンサルティング会社の代表取締役らが民法七一九条二項にいう行為者を幇助した者に当たるとされた事例

(東京地判平28・3・31)

労 働

◎歩合給の計算に当たり売上高等の一定割合に相当する金額から残業手当等に相当する金額を控除する旨の賃金規則上の定めが公序良俗に反し無効であるとして未払賃金の請求を認容した原審の判断に違法があるとされた事例

(最三判平29・2・28)

刑 事

○予備的訴因に係る過失を認めた原判決に対し、被告人のみが控訴した自動車運転過失致死の事案において、起訴から約二年後に原審検察官が請求した予備的訴因の追加を許可した原審の訴訟手続に法令違反はないとし、また、予備的訴因に係る過失を認めた原判決には事実誤認があるとして原判決を破棄した上、職権により本位的訴因についても調査してその過失を否定し、無罪とした事例

(高松高判平28・7・21)

▽児童の姿態が描写されたCGについて、そこに記録された姿態が、被写体の全体的な構図やその作成経緯等を踏まえつつ、一般人からみて、架空の児童の姿態ではなく、実在の児童の姿態を忠実に描写したものであると認識できる場合には、実在の児童とCGで描かれた児童とが同一性を有すると判断できるとして、児童ポルノ製造罪及び児童ポルノ提供罪の成立を認めた事例

(東京地判平28・3・15)

Copyrightc 株式会社判例時報社 All Rights Reserved.

PAGE TOP